チューリップ祭り

福山から少し足をのばして北上したところにある、世羅高原農場は只今チューリップ祭りが開催中です。
65,000uの丘に約300品種75万本の色とりどりのチューリップが咲き誇っています。

続きを読む↓

チューリップの原産国は、イメージ的にオランダだと思いがちですが、実はトルコなんだそうです。意外ですよね。
由来はトルコ語で「tulipan(ターバン)」からきているんだとか……確かに形は似ているような…。
原産国はトルコ、生産地で有名なのはオランダみたいです。

花弁が色づく前のチューリップ。
まるでネギ坊主のようです。



よく目にした事があるスタンダードな形のものから

変わった花弁のものや、

珍しい色のものなど。

見た事のないような珍しいチューリップが沢山で、見ていて飽きません!

チューリップが植えてある近くには、名前の書いた立て札が立ててあるので、変わった名前のチューリップを見つけるのも楽しそうですね。



また、チューリップの代表的な花言葉に「思いやり」がありますが、実は色が違うとその意味合いもまた違ってくるそうです。
例えば、赤いチューリップは「恋の告白」。
ピンクは「愛の芽生え」。黄色は「正直」。紫は「不滅の愛」。白は「新しい愛」。オレンジは「照れ屋」。(諸説あり)
同じ花なのに、色が違うだけで意味がこんなに異なるのって、なんだか面白いですね。

農場内では、レジャーシートを広げてお弁当を食べている家族連れの方も沢山いらっしゃいました。
駐車場は県外ナンバーがズラリ!大盛況です。

チューリップの花摘みや球根の販売。出店やイベント、ワークショップなども盛りだくさん!
GW是非遊びに行かれてみてはいかがでしょうか♪

2016年4月30日(土) 『チューリップ祭り』|その他

blog